スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Prev.    Category    Next 

Redmine入門 - タスク管理、工数管理としての使い方

今度は Redmine のバグ管理ではなく、タスク管理、工数管理としての使用法について記述します。

チケットはバグだけでなく、機能というトラッカーがあります。 これを使うことによって、バグ管理だけでなく、 プロジェクト開発全体を管理するプロジェクト管理システムとして Redmine を使用することが出来ます。
ただし、バグ管理とタスク管理はきちんと切り分けられるものでもないので、 タスクや工数管理の視点からみたポイントぐらいに考えてください。

作業フェーズごとのチケット作成

プロジェクト(タスク)管理システムとしての利用を考えた場合、 新規作成やメジャーバージョンアップなど多くの機能を一度にするときには、 機能別にチケットを作成するよりも、設計、実装、テスト といった作業フェーズごとに分けたいことがあります。
こういった場合、作業フェーズごとにチケットを作成しても問題ありません。
フェーズごとに分けたチケットを関連付けるためには、次のような方法があります。 どれが一番いいともいえないので、使いやすいものを選んで使用してください。

タスク管理

機能追加としてチケットを利用する場合、 チケットの作成者が開発者自身であったり、仕様を決める人であったりするだけで、 基本的な流れはバグ管理システムのときと同じです。

ただし、タスク管理、進捗管理として利用する場合は、 開始日期日等の日程と進捗率を入力することが重要になってきます。 これらを入力することにより ガントチャート 、 カレンダー などから作業の進捗、予定を確認することができます。

ガントチャート

ガントチャートを表示するにはプロジェクトメニューの [ガントチャート] のタブを選択します。 このガントチャートではサブプロジェクトのチケットの進捗もあわせて表示されます。

Better Gantt Chart をインストールしていると関連付けされたチケットで矢印も表示してくれるようになります。

rt_gant.png

工数管理


工数管理として利用する場合には 予定工数作業時間の記録 を付ける必要があります。
活動 はフェーズごとに 機能追加やバグ修正にどれだけの時間がかかったかという情報を残すために使用します。

工数管理のプラグインとしては以下のようなものがあります。

プラグイン 説明
Work Time 工数入力を簡単にする
Time Tracker ストップウォッチのような感じで工数を記録できる
Advanced Roadmap 工数情報つきでロードマップを表示する


関連記事
スポンサーサイト
Prev.    Category    Next 

Facebook コメント


コメント

コメントの投稿

Font & Icon
非公開コメント

このページをシェア
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
プログラミング
4位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー(アーカイブ)
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


はてな新着記事
はてな人気記事
ブロとも申請フォーム
プロフィール

yohshiy

Author:yohshiy
職業プログラマー。
仕事は主に C++ ですが、軽い言語マニアなので、色々使っています。

はてブ:yohshiy のブックマーク
Twitter:@yohshiy

サイト紹介
プログラミング好きのブログです。プログラミング関連の話題や公開ソフトの開発記などを雑多に書いてます。ただ、たまに英語やネット系の話になることも。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。