Redmine入門 - Redmine の用途

まず、 Redmine は何に使うのというところから始めてみたいと思います。

バグ管理システム

バグ管理システム(Bug Tracking System:BTS)というのは、バグを管理するためのシステムです。
私がこのバグ管理システムが欲しいなと思ったのは大きなプログラムを複数人で開発することになったときでした。
バグがあったときはだいたい次のような流れでした。
  1. テストしている人や開発メンバー内からバグ報告
  2. 原因の場所を特定して、そのモジュール担当者に連絡
  3. 必要な工数を聞いて、報告した人に連絡
  4. 担当者が修正
  5. 完了後、バグ報告者に連絡
  6. バグ報告者が確認
これらをメールでやり取りしていると、バグが 1 つだけならいいのですが、 2, 3 つと一緒に見つかると大変です。 情報が入り混じって、あのバグの修正は終わったかとか、 ちゃんと連絡したかなといったことがだんだんとよくわからなくなってきます。

こういった状況のとき、バグ管理システムを使うと、 残っているバグとその担当者、進行状況といったバグ情報が Web で確認できますし、 連絡もシステムが自動でメールを配信してくれます。

タスク管理

Redmine はバグ管理システムというよりもプロジェクト管理システムと呼ばれることが多いです。
これは Redmine はバグ管理だけでなく、タスク管理(スケジュール管理)といったこともできるためです。

Redmine でのバグ報告はチケットを使います。 これには種別(トラッカー)があって、 バグ報告だけでなく、機能追加などにも使えます。
このチケットは期日や進捗率といった情報も持つことができて、 ガントチャートなどで作業(タスク)の進行状況を確認することが出来ます。



関連記事
スポンサーサイト
Prev.    Category    Next 

Facebook コメント


コメント

コメントの投稿

Font & Icon
非公開コメント

このページをシェア
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
プログラミング
3位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー(アーカイブ)
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


はてな新着記事
はてな人気記事
ブロとも申請フォーム
プロフィール

yohshiy

Author:yohshiy
職業プログラマー。
仕事は主に C++ ですが、軽い言語マニアなので、色々使っています。

はてブ:yohshiy のブックマーク
Twitter:@yohshiy

サイト紹介
プログラミング好きのブログです。プログラミング関連の話題や公開ソフトの開発記などを雑多に書いてます。ただ、たまに英語やネット系の話になることも。