スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Prev.    Category    Next 

Dart をコマンドラインから使う

Dart は JavaScript の代替として Google が開発した言語です。 しかし、 クライアントサイドだけでなく、 JavaScript における Node.js のように最初からサーバーサイドの言語としても作られています。
サーバーサイドとして動作するということはローカルの PC でも動きます。 今回は Dart をコマンドラインのスクリプトとして使う方法について紹介します。

コマンドラインで実行するプログラムは Dart SDK の中に含まれています。 Dart SDK のインストール方法は以前の記事をご覧ください。

コマンドラインから実行

コマンドラインで実行する Dart プログラムは main 関数を持っている必要があります。

hello.dart :
void main()
{
  print("Hello world!");
}
bin フォルダーにある dart(.exe) にソースファイルを渡すことによって、実行します。
~/dart $ dart hello.dart
Hello world!

コマンドライン引数を使う

コマンドライン引数を使う場合は main 関数に List<String> を引数として指定します。
void main(List<String> args)
{
  for (var arg in args){
    print(arg);
  }
}
Dart における List は他の言語で配列と呼ばれているものです。 ここに実行時のコマンド引数が格納されます。
~/dart $ dart argtest.dart foo bar baz
foo
bar
baz



関連記事
スポンサーサイト
Prev.    Category    Next 

Facebook コメント


コメント

コメントの投稿

Font & Icon
非公開コメント

このページをシェア
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
プログラミング
2位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー(アーカイブ)
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


はてな新着記事
はてな人気記事
ブロとも申請フォーム
プロフィール

yohshiy

Author:yohshiy
職業プログラマー。
仕事は主に C++ ですが、軽い言語マニアなので、色々使っています。

はてブ:yohshiy のブックマーク
Twitter:@yohshiy

サイト紹介
プログラミング好きのブログです。プログラミング関連の話題や公開ソフトの開発記などを雑多に書いてます。ただ、たまに英語やネット系の話になることも。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。