スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Prev.    Category    Next 

Word の表で Excel のような計算を行う

今回は Word の表で簡単な計算を行う方法についての記事です。

例えば、Word で次のような表を書いていたとします。
サンプル
ここで合計やセルの差を Excel のように計算で記述することができます。

計算式

合計値を入力したい表のセルにカーソルを置き、 [レイアウト] のタブから [計算式] を選択します。

計算式リボン


ダイアログが表示されるので、ここで計算式を入力します。

計算式ダイアログ
表示形式を選び、 関数に SUM を選択して、 SUM の引数に ABOVE(上方向)を入力すると合計が表示されます。

合計入力


SUM では合計の対象は上下左右の方向で指定します。
      ABOVE
       ↑
LEFT ←  → RIGHT
       ↓
      BELOW
合計のほか平均などの計算式も用意されています。 ただし、計算式は簡単なものだけで Excel と比べるとかなり少ないです。

セル指定

表のセルを Excel 形式で指定することができます。
word_func_cell.png

これを使って C5 - B5 のようにセルの四則演算を行うことができます。
word_func_diff.png   word_func_diff_table.png


セル指定は B2:B4 のような範囲指定もできますし、 R1C1 スタイルでの指定もできます。

表示形式

表示形式は金額の場合は次を選択します。
¥#,##0;(¥#,##0)
#0 は表示桁です。
# と 0 の違いは、値がない場合に # は空白なのに対して 0 の場合は 0 を表示します。
( "#00" で 1 を表示すると " 01")

正と負で表示を変えたい場合に ; で分けて二つ書きます。

word_func_all.png


Excel の表の貼り付け

合計を出すぐらいであればいいのですが、 Word の計算式では複雑になってくると途端に面倒になってきます。
そういった場合には Excel で表を書いて貼り付けた方が早いです。

貼り付ける際には [形式を選択して貼り付け] で Excel のオブジェクトとして貼り付けます。
word_func_excel_dialog.png

こうしておけば、表をダブルクリックすると埋め込みの Excel として編集できます。
word_func_excel.png



関連記事
スポンサーサイト
Prev.    Category    Next 

Facebook コメント


コメント

コメントの投稿

Font & Icon
非公開コメント

このページをシェア
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
9位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
プログラミング
3位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー(アーカイブ)
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


はてな新着記事
はてな人気記事
ブロとも申請フォーム
プロフィール

yohshiy

Author:yohshiy
職業プログラマー。
仕事は主に C++ ですが、軽い言語マニアなので、色々使っています。

はてブ:yohshiy のブックマーク
Twitter:@yohshiy

サイト紹介
プログラミング好きのブログです。プログラミング関連の話題や公開ソフトの開発記などを雑多に書いてます。ただ、たまに英語やネット系の話になることも。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。