Ruby での Math.min, max 的な処理の書き方

今回は Ruby で Math.max, min 的な処理を書くときのスタイルについてです。

Math.max 的というのは微妙な表現ですが、要は次のメソッドです。
 def max(a, b)
   (a > b) ? a : b
 end
他の言語の経験があると、 当然あるんだろうなと思っていたのですが、 Ruby の Math には min, max が無いみたいです。
で、最小値や最大値を求めるにはどうやるかというと Enumerableの min, max を使います。
 # Math.max(2, 5)
 [2, 5].max  # => 5
Ruby は純粋なオブジェクト指向ですから、確かにこっちの方がオブジェクト指向っぽいです。 ただ、 Math の min, max もあってもいいんじゃないかなとは思います。


関連記事
スポンサーサイト
Prev.    Category    Next 

Facebook コメント


コメント

コメントの投稿

Font & Icon
非公開コメント

このページをシェア
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
プログラミング
3位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー(アーカイブ)
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


はてな新着記事
はてな人気記事
ブロとも申請フォーム
プロフィール

yohshiy

Author:yohshiy
職業プログラマー。
仕事は主に C++ ですが、軽い言語マニアなので、色々使っています。

はてブ:yohshiy のブックマーク
Twitter:@yohshiy

サイト紹介
プログラミング好きのブログです。プログラミング関連の話題や公開ソフトの開発記などを雑多に書いてます。ただ、たまに英語やネット系の話になることも。