スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Prev.    Category    Next 

本当にプログラミングに使えるフリーのテキストエディター 1 選

フリーのテキストエディターの紹介記事を見かけたのですが、 どうみても Emacs と vi を間違えているようにしか思えません。

そこで、今回は本当にプログラミングに使えるテキストエディターについて紹介したいと思います。
ちなみに半分冗談なので、あまりムキにならずに読んでください。(半分は本気ですが)




プログラミングをこれから勉強しようという方は、「どのエディターを使ったらいいの?」という疑問を持つかもしれません。
答えは簡単です。 Emacs を使いましょう。
プログラミング用のエディターといえば、 Emacs のことを指します。この一択です。

Emacs

Emacs 24

初心者から超一流のプログラマーまで

世の中の優れたプログラマーの多くは Emacs を使っています。 むしろ、超一流のプログラマーのほとんどは Emacs を使っているといっても過言ではないでしょう。 自分の周りでも Emacs のヘビーユーザーを探してみて下さい。 その人はまず間違いなくコーディングが上手なはずです。
プログラマーになりたいのであれば、 テキストエディターには Emacs を選ぶべきです。 さらにプログラミングに限らず、 テキストを書く作業全般にも Emacs は使えます。

それでいて、 Emacs はモードの切り替えなど変なものはなく、初心者にも安心です。
ここで間違った選択をすると、何かあった時に Esc キーを連打するという病に侵されてしまいます。

動作環境

Emacs はもともと Unix 上で動作するアプリでしたが、今では Windows や Mac は当然として、 何だそれというような OS にも移植されていたりするほど広く使われています。
日本語も使え、 Windows でもちゃんと IME を使った入力ができます。

オープンソースと Emacs Lisp

Emacs はオープンソースを推進する GNU において GCC と並ぶ、看板プログラムです。
作者は リチャード・ストールマンさんで、 GNU の創始者でもある偉人です。 ただ、最近では よく騒動を起こすおじいちゃん というイメージもありますが、そこは広い心でみることになっています。
Emacs は当然オープンソースなので、世界中の人たちの手によって作成されています。

しかも Emacs Lisp(elisp) と呼ばれるプログラミング言語を内蔵しており、 elisp が書ければ、自在に機能追加、カスタマイズができます。 自分の書いた elisp を世界中の人が公開していて、 Emacs の高機能を支えています。

そのかわり、設定には elisp の知識が必要になってきます。 最近では GUI で カスタマイズできる機能もついていますが、ちょっと込み入った設定するには elisp を書けた方がいいです。 最初は "Emacs ってなんでもっとわかりやすい言語にしなかったの?" と思うことがあるかもしれません。 それでも頑張って書いていれば、じわじわと "あぁ、 Lisp って美しい" と思えるようになります。
また、"Lisp(Scheme) を覚えると筋がよくなる"と言われています。 Lisp は覚えておいて損はないでしょう。

対応するプログラミング言語

プログラミング言語の対応の数も他のエディターの追随を許しません。
新しい言語を公開する場合は、一緒に Emacs 用のモードも付けるのがマナーです。 そのため、新しい言語でも Emacs はちゃんとコードハイライトしてくれます。 Ruby では仕様を決める際に Emacs で編集できるかどうかもちゃんと考慮されたそうです。
最近はマナーが守られていないことも多いですが、 少し広まれば、誰かが作ってくれます。

また、 Emacs でのコードハイライトさえできれば、 それを html コードにして貼り付けることができます。 JavaScript によるハイライトもありますが、メジャーな言語しか対応していないので、 プログラミング系のブログを書いている人にも欠かせません。

Emacs でできること

Emacs はテキストエディターですが、 テキストエディターの枠を超えています
コードの編集だけでなく、ビルド、デバッグ、 grep 検索、 man の表示、 シェル などなど いろんなことが Emacs 上でできます。 Emacs を OS といっても間違いではないでしょう。 私は昔 Unix 系の開発をしていました。 その頃はログインして Emacs を起動した後は、ほとんどの作業を Emacs 上で行っていました。
今は Windows の開発なので、そこまではできませんが、 コードの編集、ビルドまでは Emacs で行っています。 たまに Emacs は遅いという理由で批判されます。
確かに立ち上がりなどは速いとは言えません。しかし、おそらくこれは使い方や比較の対象を間違っているのでしょう。 Emacs は一回起動したら、そのまま立ち上げっぱなしにして、何度も起動するものではありません。 また Windows に比べたら、起動は全然速いです。

その他ツール

Emacs 以外のテキスト、プログラミング関連のツールについても簡単に触れておきましょう。

K2Editor

テキストビューワーです。
ダブルクリックで http のアドレスにジャンプできたりするので、 readme.txt などのファイルをちょっと見るのに向いています。 TeraPad などもテキストビューワーとして使えます。サクラエディタなどはビューワーとしてはちょっと重いでしょう。

vi

非常時のテキストエディターです。
コンソール上で動作するシンプルなエディターで、貧弱な環境でも動作します。 そのため、 Unix 系サーバーの管理をやっていると、 まれにテキストエディターが vi ぐらいしか動かないという悪夢のような状態になることがあります。
使い方にかなり癖があって使いづらいのですが、管理者であれば最低限の使い方は覚えておく必要があります。

また、コンソール上で動作するため、リモートのサーバーに telnet でログインして、 設定ファイルを編集するのに使われることもあります。
ただ、 emacs は万能ですので、 コンソール上でも動作します。 そんな場面でも emacs は使えます。

Visual Studio

GUI ビルダーデバッガー です。
ちょっとした修正であれば、デバッガー上でソースを編集することもできます。

Windows でも gcc を使えば、 Emacs でデバッグできるのですが、 VS のコンパイラーを使う場合は VS でデバッグする必要があります。 デバッガーとしては Emacs よりも VS は優秀だと思います。
ただ、最近の VS は Emacs が軽いと感じるほどの重さです。

Eclipse

ビルドツールです。
Java の開発をしたことがないので、ほとんど使ったことはないのですが、 公開してあるプロジェクトをビルドしたいなという時に Eclipse がないとビルドできない場合があります。



VS や Eclipse は IDE(統合開発環境) で、これでコードの編集をする人もいるというウワサがあります。
ウワサを信じちゃいけません。 ろくな成長をしないでしょう。 "IDE は阿片(麻薬)である" といっている人さえいるほどです。
関連記事
スポンサーサイト
Prev.    Category    Next 

Facebook コメント


コメント

コメントの投稿

Font & Icon
非公開コメント

このページをシェア
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
9位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
プログラミング
3位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー(アーカイブ)
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


はてな新着記事
はてな人気記事
ブロとも申請フォーム
プロフィール

yohshiy

Author:yohshiy
職業プログラマー。
仕事は主に C++ ですが、軽い言語マニアなので、色々使っています。

はてブ:yohshiy のブックマーク
Twitter:@yohshiy

サイト紹介
プログラミング好きのブログです。プログラミング関連の話題や公開ソフトの開発記などを雑多に書いてます。ただ、たまに英語やネット系の話になることも。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。