スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Prev.    Category    Next 

プラグイン開発記 - 用語集の一覧で説明の部分表示を追加

今回は 用語集プラグイン の機能追加。
http://www.r-labs.org/issues/803

用語集使っていて失敗したなと思っていたのが、一覧表示で説明が見えないこと。用語の説明を見るためにいちいちクリックして用語を見ないといけない。
見出し、簡易説明、詳細説明を作って、一覧表示では見出しと簡易説明を表示するのがよくあるパターンのような気がする。

前に[文書]とかみてたら、長い文章を途中で切って表示してので、これだっと思って採用することにする。これならデータベースのカラムを追加する必要もないし、簡易説明と詳細説明両方用意するのちょっと面倒かなとも思ってたので、ちょうどいい。

テーブルの中でも、リンクとかは表示したかったんでけど、 h2. のようなブロックタグになるようなのが入っているとまずいので、ここは素直にテキストとして表示する。

[文書] とかでは Redmine の以下の関数で文章を切っていた。
truncate_lines(文字列, :length=>カットする長さ)

日本語のようなマルチバイト文字にも対応していそう。

で、実装してみたところ、 truncate_lines は切る部分が文ごとなので、 1 文が長いと切れずに大量の文字になってしまった。
単純に指定サイズで切ってくれるだけでいいんだけど、どうしようかなと思ってたら、 truncate という Rails のメソッドがそういった機能で、 truncate_lines は行でしか切らないように Redmine の方で作ったメソッドらしい。 truncate で十分なので truncate を使うことにした。使い型は truncate_lines とほぼ同じで次のような感じ。
truncate_lines(文字列, オプション)

オプションの部分には :length だけでなく、いろいろ指定できるらしい。ここでは length しか使わないけど。

一覧の表の他の項目は、非表示設定ができたり、表示する全部のアイテムで項目が設定されていなかったら、非表示にしたりとちょっと複雑なことをしているが、説明がないことはないだろうということで単純に常に表示するようにした。
そうすると意外と簡単に完成。


Ruby on Rails 逆引きクイックリファレンス Rails 2.0対応Ruby on Rails 逆引きクイックリファレンス Rails 2.0対応
(2008/05/31)
大場 寧子、大場 光一郎 他

商品詳細を見る



Rails Way (Professional Ruby Series)Rails Way (Professional Ruby Series)
(2008/12/04)
Obie Fernandez

商品詳細を見る

関連記事
スポンサーサイト
Prev.    Category    Next 

Facebook コメント


コメント

コメントの投稿

Font & Icon
非公開コメント

このページをシェア
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
9位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
プログラミング
3位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー(アーカイブ)
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


はてな新着記事
はてな人気記事
ブロとも申請フォーム
プロフィール

yohshiy

Author:yohshiy
職業プログラマー。
仕事は主に C++ ですが、軽い言語マニアなので、色々使っています。

はてブ:yohshiy のブックマーク
Twitter:@yohshiy

サイト紹介
プログラミング好きのブログです。プログラミング関連の話題や公開ソフトの開発記などを雑多に書いてます。ただ、たまに英語やネット系の話になることも。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。