スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Prev.    Category    Next 

Emacs から TFS を使う tfs.el

Emacs から TFS(Team Foundation Server) を使えるようにする tfs.el の紹介です。

Emacs 上から全部の作業ができるという程のものではないのですが、 Visual Studio の補助として使うとちょっと便利かなと思います。

ダウンロード

以下のサイトなどからダウンロードしてください。 ダウンロード

インストール、設定

まず、ダウンロードした tfs.el をパスの通ったフォルダーに置きます。

次に .emacs.el に設定を追加します。
(require 'tfs)
(global-set-key  "\C-xvo" 'tfs/checkout)
(global-set-key  "\C-xvi" 'tfs/checkin)
(global-set-key  "\C-xvp" 'tfs/properties)
(global-set-key  "\C-xvr" 'tfs/rename)
(global-set-key  "\C-xvg" 'tfs/get)
(global-set-key  "\C-xvh" 'tfs/history)
(global-set-key  "\C-xvu" 'tfs/undo)
(global-set-key  "\C-xvd" 'tfs/diff)
(global-set-key  "\C-xv-" 'tfs/delete)
(global-set-key  "\C-xv+" 'tfs/add)
(global-set-key  "\C-xvs" 'tfs/status)
(global-set-key  "\C-xva" 'tfs/annotate)
(global-set-key  "\C-xvw" 'tfs/workitem)

;; tf, tfpt のパス設定 (Visual Studio 2010 用)
(setq tfs/tf-exe  "c:\\Program Files\\Microsoft Visual Studio 10.0\\common7\\ide\\tf.exe")
(setq tfs/tfpt-exe  "c:\\Program Files\\Microsoft Team Foundation Server 2010 Power Tools\\TFPT.EXE")

;; ログイン設定 (指定しない)
(setq tfs/login "")
例として私の環境での設定をあげてみました。 キー設定のあたりはそのままでかまわないのですが、以下の 2 つは環境に合わせて変更をする必要があります。
  • tf.exe のパス
  • ログイン

tf.exe のパスの設定

TFS のコマンドラインツール tf.exe のパスを指定します。
上記は Visual Studio 2010 のインストール先をデフォルトのものから変更しなかった場合の設定です。 Visual Studio 2008 の場合にはデフォルトのインストール先であれば、 省略することもできます。

tfpt.exe のパスは annotate, workitem のコマンドを使わないのであれば、 設定する必要はありません。
私も使ってないのですが、サンプルとして書いてみました。

ログイン設定

上記の例はログインの指定を省略する場合のものです。
ユーザーやパスワードを指定する場合には以下のような記述を行います。
(setq tfs/login "/login:domain\\userid,password")
;; -or-
(setq tfs/login (getenv "TFSLOGIN"))
tfs/login の変数が tf.exe 実行時にオプションとして渡されます。 私の環境ではなぜか指定しない方がうまくいったので、省略しました。

うまく動かない場合には以下のようなコマンドなどで tf.exe がちゃんと動作するか確認してみてください。
> tf.exe properties ファイル名

使い方

基本的に Emacs でファイルを開いて、 そのファイルに対してコマンドを実行するという使い方になります。

以下の表にキーと Visual Studio の対応するメニュー項目をまとめてみました。
キー コマンド 対応するメニュー項目
C-x v o checkout 編集用にチェックアウト
C-x v i checkin チェックイン
C-x v p properties
C-x v r rename
C-x v g get 最新バージョンの取得
C-x v h history (履歴)
C-x v u undo 保留中の変更を元に戻す
C-x v d diff (最新バージョンとの相違)
C-x v - delete
C-x v + add
C-x v s status
C-x v a annotate
C-x v w workitem
各コマンドの詳しい説明は tf.exe のコマンドの説明を見てください。

コマンドはいろいろありますが、私の場合は最初の 2 つ チェックアウト(C-xvo)チェックイン(C-xvi) しか使っていません。

がっつり編集する場合は私も VS でプロジェクトごとチェックアウト、チェックインしています。 しかし、ファイルを眺めていて、ちょこっと直したいと思う場合もあります。 そういった時にはいちいち VS から操作して、開き直してといったことをする必要がなくなるので、 このコマンドが重宝しています。
関連記事
スポンサーサイト
Prev.    Category    Next 

Facebook コメント


コメント

コメントの投稿

Font & Icon
非公開コメント

このページをシェア
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
プログラミング
2位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー(アーカイブ)
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


はてな新着記事
はてな人気記事
ブロとも申請フォーム
プロフィール

yohshiy

Author:yohshiy
職業プログラマー。
仕事は主に C++ ですが、軽い言語マニアなので、色々使っています。

はてブ:yohshiy のブックマーク
Twitter:@yohshiy

サイト紹介
プログラミング好きのブログです。プログラミング関連の話題や公開ソフトの開発記などを雑多に書いてます。ただ、たまに英語やネット系の話になることも。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。