本当にプログラミングに使えるフリーのテキストエディター 1 選

フリーのテキストエディターの紹介記事を見かけたのですが、 どうみても Emacs と vi を間違えているようにしか思えません。

そこで、今回は本当にプログラミングに使えるテキストエディターについて紹介したいと思います。
ちなみに半分冗談なので、あまりムキにならずに読んでください。(半分は本気ですが)




プログラミングをこれから勉強しようという方は、「どのエディターを使ったらいいの?」という疑問を持つかもしれません。
答えは簡単です。 Emacs を使いましょう。
プログラミング用のエディターといえば、 Emacs のことを指します。この一択です。

Emacs

Emacs 24

初心者から超一流のプログラマーまで

世の中の優れたプログラマーの多くは Emacs を使っています。 むしろ、超一流のプログラマーのほとんどは Emacs を使っているといっても過言ではないでしょう。 自分の周りでも Emacs のヘビーユーザーを探してみて下さい。 その人はまず間違いなくコーディングが上手なはずです。
プログラマーになりたいのであれば、 テキストエディターには Emacs を選ぶべきです。 さらにプログラミングに限らず、 テキストを書く作業全般にも Emacs は使えます。

それでいて、 Emacs はモードの切り替えなど変なものはなく、初心者にも安心です。
ここで間違った選択をすると、何かあった時に Esc キーを連打するという病に侵されてしまいます。

動作環境

Emacs はもともと Unix 上で動作するアプリでしたが、今では Windows や Mac は当然として、 何だそれというような OS にも移植されていたりするほど広く使われています。
日本語も使え、 Windows でもちゃんと IME を使った入力ができます。

オープンソースと Emacs Lisp

Emacs はオープンソースを推進する GNU において GCC と並ぶ、看板プログラムです。
作者は リチャード・ストールマンさんで、 GNU の創始者でもある偉人です。 ただ、最近では よく騒動を起こすおじいちゃん というイメージもありますが、そこは広い心でみることになっています。
Emacs は当然オープンソースなので、世界中の人たちの手によって作成されています。

しかも Emacs Lisp(elisp) と呼ばれるプログラミング言語を内蔵しており、 elisp が書ければ、自在に機能追加、カスタマイズができます。 自分の書いた elisp を世界中の人が公開していて、 Emacs の高機能を支えています。

そのかわり、設定には elisp の知識が必要になってきます。 最近では GUI で カスタマイズできる機能もついていますが、ちょっと込み入った設定するには elisp を書けた方がいいです。 最初は "Emacs ってなんでもっとわかりやすい言語にしなかったの?" と思うことがあるかもしれません。 それでも頑張って書いていれば、じわじわと "あぁ、 Lisp って美しい" と思えるようになります。
また、"Lisp(Scheme) を覚えると筋がよくなる"と言われています。 Lisp は覚えておいて損はないでしょう。

対応するプログラミング言語

プログラミング言語の対応の数も他のエディターの追随を許しません。
新しい言語を公開する場合は、一緒に Emacs 用のモードも付けるのがマナーです。 そのため、新しい言語でも Emacs はちゃんとコードハイライトしてくれます。 Ruby では仕様を決める際に Emacs で編集できるかどうかもちゃんと考慮されたそうです。
最近はマナーが守られていないことも多いですが、 少し広まれば、誰かが作ってくれます。

また、 Emacs でのコードハイライトさえできれば、 それを html コードにして貼り付けることができます。 JavaScript によるハイライトもありますが、メジャーな言語しか対応していないので、 プログラミング系のブログを書いている人にも欠かせません。

Emacs でできること

Emacs はテキストエディターですが、 テキストエディターの枠を超えています
コードの編集だけでなく、ビルド、デバッグ、 grep 検索、 man の表示、 シェル などなど いろんなことが Emacs 上でできます。 Emacs を OS といっても間違いではないでしょう。 私は昔 Unix 系の開発をしていました。 その頃はログインして Emacs を起動した後は、ほとんどの作業を Emacs 上で行っていました。
今は Windows の開発なので、そこまではできませんが、 コードの編集、ビルドまでは Emacs で行っています。 たまに Emacs は遅いという理由で批判されます。
確かに立ち上がりなどは速いとは言えません。しかし、おそらくこれは使い方や比較の対象を間違っているのでしょう。 Emacs は一回起動したら、そのまま立ち上げっぱなしにして、何度も起動するものではありません。 また Windows に比べたら、起動は全然速いです。

その他ツール

Emacs 以外のテキスト、プログラミング関連のツールについても簡単に触れておきましょう。

K2Editor

テキストビューワーです。
ダブルクリックで http のアドレスにジャンプできたりするので、 readme.txt などのファイルをちょっと見るのに向いています。 TeraPad などもテキストビューワーとして使えます。サクラエディタなどはビューワーとしてはちょっと重いでしょう。

vi

非常時のテキストエディターです。
コンソール上で動作するシンプルなエディターで、貧弱な環境でも動作します。 そのため、 Unix 系サーバーの管理をやっていると、 まれにテキストエディターが vi ぐらいしか動かないという悪夢のような状態になることがあります。
使い方にかなり癖があって使いづらいのですが、管理者であれば最低限の使い方は覚えておく必要があります。

また、コンソール上で動作するため、リモートのサーバーに telnet でログインして、 設定ファイルを編集するのに使われることもあります。
ただ、 emacs は万能ですので、 コンソール上でも動作します。 そんな場面でも emacs は使えます。

Visual Studio

GUI ビルダーデバッガー です。
ちょっとした修正であれば、デバッガー上でソースを編集することもできます。

Windows でも gcc を使えば、 Emacs でデバッグできるのですが、 VS のコンパイラーを使う場合は VS でデバッグする必要があります。 デバッガーとしては Emacs よりも VS は優秀だと思います。
ただ、最近の VS は Emacs が軽いと感じるほどの重さです。

Eclipse

ビルドツールです。
Java の開発をしたことがないので、ほとんど使ったことはないのですが、 公開してあるプロジェクトをビルドしたいなという時に Eclipse がないとビルドできない場合があります。



VS や Eclipse は IDE(統合開発環境) で、これでコードの編集をする人もいるというウワサがあります。
ウワサを信じちゃいけません。 ろくな成長をしないでしょう。 "IDE は阿片(麻薬)である" といっている人さえいるほどです。
スポンサーサイト
 

Emacs のパッケージ管理機能の使い方

Emacs ではバージョン 24.1 からパッケージ管理機能がついて、拡張用の Emacs Lisp を簡単にインストールすることができるようになりました。
今回はこのパッケージ管理機能の使い方について説明します。

emacs_pkg_list.png

プロキシー環境での設定

プロキシー経由でないと外部にアクセスできない場合には、 先に環境変数 http_proxy でプロキシーの設定をする必要があります。 変数には以下の形式でプロキシーサーバーのアドレスとポート番号を指定します。
プロキシーサーバー:ポート番号
(例) foo.bar.co.jp:8080

Windows の場合はバージョンによって少し違いますが、だいたい次の手順で環境変数を設定できます。
  • [(マイ)コンピューター] を右クリックして [プロパティ]
    • [詳細設定]
      • [環境変数]
emacs_pkg_proxy.png

パッケージの一覧の表示

メニューまたはコマンドにより、パッケージ管理用のモードにします。
  • メインメニュー [オプション(Options)] → [Manage Emacs Packages]
  • M-x list-packages
Marmalade のリポジトリーから 情報を取得し、パッケージのリストを表示します。
リストは次の順で並んでいます。
  1. available : 利用可能 (未インストール)
  2. installed : インストール済
  3. built-in : デフォルトでインストール済
基本的な操作は Dired のような他のリスト形式のモードと同じです。
q で終了し、 h で簡単なキーの説明が出ます。

インストール

Package のリスト項目のクリック または [Enter] でパッケージの内容が表示されます。
coffee-mode package

さらに [インストール] のボタンをクリック または [Enter]キーを押すと、 ネットからパッケージをダウンロードしてインストールしてくれます。


インストールされたパッケージは ~/.emacs.d/elpa のディレクトリーに置かれます。 この際、 el ファイルのバイトコンパイルもやってくれています。

一括インストール、アンインストール

パッケージリストのモードではマークを付けて処理を行うこともできます。

基本的なマークの操作は以下のキーで行います。
キー 操作
i インストール(I) マークをつける
d 削除(D) マークをつける
u つけたマークをはずす
x マークを実行する

インストールする場合、毎回確認の問い合わせがあります。 マークを付けて(i)から実行(x)すると、 一回で済みます。
また、パッケージのアンインストール(削除)はマーク操作で行う必要があります。

アップデート

実は最初にパッケージのリストを表示する時、 インストールされたパッケージに対して更新をチェックしています。 そこで、新しいバージョンがある場合には "'U' キーを押しなさい" といったメッセージがミニバッファー出ます。

実際 U キーを押すどうなるかというと、新しいバージョンの項目が現れて I マークが付き、インストール済みの方には D マークが付きます。
ここで x を押せば、古いパッケージの削除、 新しいパッケージのインストールが行われ、アップデートされることになります。


 

Clojure, Leiningen の Windows へのインストールと使い方

Clojure は JVM 上で動作する実用的な Lisp 系の関数型言語です。 この Clojure にはパッケージ管理兼ビルドツールである Leiningen があります。
今回は Clojure と Leiningen の Windows 環境でのインストール方法と使い方を紹介します。

  1. Clojure とは
  2. Leiningen とは
  3. Leiningen のインストール
  4. Clojure のインストールと使い方
  5. Leiningen の使い方

Clojure とは

私はわりとプログラミング言語はいろいろと知っているつもりだったのですが、 Clojure に関しては不覚にも『7つの言語 7つの世界』を見るまではよく知りませんでした。
7つの言語 7つの世界7つの言語 7つの世界
(2011/07/23)
Bruce A. Tate

商品詳細を見る

正確には聞いたことはあったのですが、 最初に JVM で動作する Lisp 方言の一種と聞いて、Lisp の方言や JVM への移植はよくあることだったので、 そこで興味をなくしてよく知らないままにしていました。
しかし、Clojure は知れば知るほど魅力の詰まった言語だったのです。

Lisp の美しさ + 実用性

私は "最も美しいプログラミング言語は ?" と聞かれたら、間違いなく Lisp と答えるでしょう。
式、コード、データなど全ての統一感、 "これぞプログラミング"といえる小さな関数を組み立ていく思想 と実に美しいと思います。
ぱっと見は括弧だらけでみにくいのですが、これは使っているうちにじわじわと感じてきます。 見かけはダサくて、どんくさいけど、付き合ってみて初めて分かる内面的な美しさといったところでしょう。

しかし、私は実用主義でもあります。
Lisp の方言は Common Lisp 、 Scheme を筆頭として色々あるのですが、 それでアプリをバリバリ作るとなると "それはちょっと" と思ってしまいます。 Emacs Lisp はよく使いますが、 これは汎用プログラミング言語とは言いがたいです。

そんな中、 Clojure は実用的な Lisp です。
JVM 言語ですので、 Java の豊富なライブラリーを使えますし、 Java, JRuby などの言語と組み合わせてアプリケーションを作ることもできます。 Clojure はオブジェクト指向のクラスが使えたり、 括弧を減らす工夫がされていたりと、 Lisp に比べると少し垢抜けちゃった感があります。 多少統一感の美しさが削がれた気はしますが、 その分実用性は上がっており、 美しさと実用性が上手く配分された言語に仕上がっていると思います。

関数型プログラミング

実用性のなかでも、特に魅力的なのは Clojure が関数型言語である点です。
"そもそも Lisp って関数型じゃないの" という人もいるかもしれません。 確かに以前は関数型の代表のように紹介されていたこともありましたが、 今では関数型に入れられないことが多いです。
高階関数は当然使えます。 しかし、入力が同じならば結果が常に同じという数学的な意味での関数、 変数の変更をしない参照透過性 に関しては不十分です。
その点、 Clojure は関数型プログラミングを問題なく行うことができます。 また、Agent, STM といった並列処理を止めないデータ共有の機能もあり、 今後重要になってくる並列処理に強い言語になっています。

Java を知らない人でも始めやすい

関数型の JVM 言語といえば、 Scala も有名です。
こちらは関数型とオブジェクト指向の共存が主目的です。 ただ、そのため Scala を使うには結構 Java の知識が必要になってきます。 ライブラリーや開発環境周りは特に必要でしょう。
Clojure も当然 Java のクラスは使えるのですが、 言語のスタイルにはあまりそぐいません。しかし、その分 主要なものは独自のライブラリーが用意されていることが多いです。 また、次章の Leiningen は優れたパッケージ管理、ビルドツールで、 それほど Java の開発環境の知識を必要としません。 Java を知らないけど、関数型言語を覚えたいという人には向いていると思います。

Leiningen とは

Java では Maven というツールが最近よく使われるようになりました。
これには、プロジェクトの作成、ビルドといったプロジェクト管理機能に加えて、 ネットから必要なライブラリーを取ってくるといったパッケージ管理機能があります。

Leiningen はこの Maven の Clojure 版です。
Maven をあまり使ったことがないのですが、サイトの説明によれば、 Maven の使いづらさを解消しているということです。
また、 Maven から完全に独立しているわけではなく、 Maven に登録された Java のライブラリーを Clojure で取ってくるということもできます。

因みに読み方は「ライニンゲン」らしいです。

Leiningen のインストール

Leiningen をインストールすれば、 それを使って Clojure をインストールできるので、 先に Leiningen のインストール方法について説明します。 Leiningen では 2 つのインストール方法があります。
  • インストーラーの使用
  • lein.bat によるセルフインストール
インストーラーを使った方が簡単なのですが、 環境によっては失敗するので、両方を説明します。

前準備

先に JDK をインストールする必要があります。 JDK のインストールに関しては以下の記事を見て下さい。 なお、この際 "Program Files" のように JDK のパスにスペースが含まれていると Emacs から repl を呼び出す際に失敗してしまいます。
また、プロキシー経由でないと外部にアクセスできない場合には、 先に環境変数 http_proxy, https_proxy(https 用) でプロキシーサーバーとポート番号を指定する必要があります。
プロキシーサーバー:ポート番号
(例) foo.bar.co.jp:8080
Windows の場合はバージョンによって少し違いますが、次の手順で環境変数を設定します。
  • [(マイ)コンピューター] を右クリックして [プロパティ]
    • [詳細設定]
      • [環境変数]
emacs_pkg_proxy.png

インストーラーの使用

まずダウンロードページからインストーラー(leiningen-installer-xxxx.exe)をダウンロードします。 インストーラーを起動するとまずインストール先(Leiningen のホームフォルダー)を聞いてきます。
インストーラー(beta1)のバグだと思いますが、ここで変更したとしても、 実行ファイルの場所だけ代わって、 Leiningen のホームフォルダーは "(ユーザーフォルダー)/.lein" になってしまいます。 変更したい場合にはあらかじめ環境変数 LEIN_HOME の値に設定しておく必要があります。
clojure_inst_lein_setpath.png

次に使用する JDK を聞かれるので、インストールした JDK を選択します。
clojure_inst_lein_setjdk.png

環境変数の設定もインストーラーがやってくれるので、 インストールが完了すれば、 lein(.bat) で Leiningen が使えるようになっています。


なお、 JDK のバージョンを変えるなどで、場所が変わった場合には、 以下のコマンドを実行するとインストールウィザード風のものが現れて、変更することができます。
  • (Leiningen のインストール先)/bin/configure-leiningen-installer.exe

lein.bat によるセルフインストール

こちらは lein.bat を先にダウンロードして、自身でインストールさせる方法です。

先に Leiningen のインストール先のフォルダーを用意し、 以下の環境変数を設定します。
環境変数 内容
LEIN_HOME インストール先のフォルダー
PATH インストール先のフォルダー(%LEIN_HOME%)を追加
Leiningen のサイトから lein.bat を [リンク先の保存] でインストール先のフォルダーに保存します。 lein.bat では Windows PowerShell, Wget, Curl のいずれかを使って、 ダウンロードしてきます。
Windows 7 以上であれば、 PowerShell は標準なので、そのままで大丈夫でしょう。 ちなみにインストーラーでは一緒に Curl をインストールしています。

インストール先のフォルダーに移動し、以下のコマンドを実行すると Leiningen がインストールされます。
~/.lein $ lein.bat self-install

Leiningen 内で使用する java コマンドは環境変数 JAVA_CMD で指定されたコマンドです。ここに JDK 内にある java コマンド(プライベート JRE)のパスを指定します。 JAVA_CMD は他のツールなどでも使われるので、 Leiningen だけで使用したい場合には LEIN_JAVA_CMD で指定します。
どちらも指定されていない場合は、通常の(PATH で見つかる) java コマンドが使用されます。

Clojure のインストールと使い方

Leiningen を使えば、 Clojure を自動的にインストールしてくれるのですが、 プロジェクトを作っておく必要があります。 1 つのファイルをスクリプトとして実行する場合には Clojure をそのまま使います。 サンプル等をちょっと動かすにはこちらの方が便利なので、 Clojure のインストールと使い方についても説明します。

インストール

まず、 Clojure のダウンロードページから圧縮ファイル(clojure-X.X.X.zip)をダウンロードします。 安定版である Stable Release の方がよいと思います。
圧縮ファイル内にあるclojure-X.X.X.jarを好きなフォルダーに置けば完了です。
正確には国際化用の pom ファイルも一緒に置くのが正しいのですが、 日本語対応はされていないので、 jar だけで構いません。


なお、 Leiningen で自動的にインストールした Clojure を使うこともできます。
Leiningen がインストールした場合には以下のフォルダーの下にバージョン別に置かれます。
(ユーザーフォルダー)/.m2/repository/org/clojure/clojure

使い方

Clojure は以下の形式で使うことができます。
java -jar "Clojureのjarのパス" [引数]

スクリプトとして実行する場合には引数に Clojure のソースファイル(clj)を渡します。

hello.clj :
(println "Hello World!")
~/clojure $ java -jar d:/usr/jar/clojure-1.5.1.jar hello.clj 
Hello World!
Ruby や Perl のように -e によるワンライナーの実行も可能です。
また、 引数を何も指定しないと repl(対話モード)として起動します。 ただし、 quit などによる終了ができないので、 後述する Leiningen から実行した repl の方が使いやすいと思います。

その他のコマンドに関して詳しくは -h のヘルプで確認して下さい。


なお、スクリプトファイルの後の引数は *command-line-args* 変数に格納されます。 コマンド引数の処理に関しては以下の記事をご覧ください。

バッチファイルの利用

jar ファイルを指定して実行するのは、若干面倒くさいです。 そこで clojure 呼び出しの bat ファイルを作成しました。

使用される場合は clojure-X.X.X.jar を置いたフォルダーを PATH に追加し、 以下のファイルを同じフォルダーにダウンロード([名前をつけて保存])して下さい。 jar ファイルの後に渡す引数と同じものを渡して実行します。
~/clojure $ clojure.bat hello.clj 
Hello World!
同一フォルダー内に複数の clojure-X.X.X.jar ファイルがある場合には、 新しいバージョンを使います。
ただし、あまりちゃんと作ってないので、 clojure-1.5.9.jar と clojure-1.5.10.jar では clojure-1.5.9.jar の方を新しいと判定してしまいます。

Leiningen の使い方

Leiningen (lein コマンド)の使い方について説明します。

簡単に説明していますので、詳しくは以下のヘルプまたは Tutorial で確認して下さい
$ lein help [コマンド]

repl(対話モード)

対話形式の repl で実行する場合には repl コマンドを実行します。
~ $ lein repl
初回時には必要なライブラリー等をインストールします。 その後 repl が起動します。

clojure_inst_repl.png

終了する場合は quit または exit と入力します。

プロジェクトの作成

新しいプロジェクトを作成する場合には作成したいフォルダーに移動して new コマンドを実行します。
  $ lein new テンプレート名 プロジェクト名
  (例) ~/clojure $ lein new app sample
テンプレート名に app を指定するとアプリケーション、 省略または default でライブラリー用のプロジェクトが作成されます。

app で作成すると以下のような構成になります。
(sample)
|-- project.clj                   プロジェクトファイル
|-- README.md                     readme の markdown ファイル
|-- LICENSE                       ライセンスファイル(Eclipse Public License)
|-- doc                           ドキュメント
|   `-- intro.md
|-- resources                     画像などのリソース
|-- src                           ソースファイル
|   `-- sample
|       `-- core.clj
|-- target                        ビルドされたファイル(ビルド後に作成)
`-- test                          テスト用コード
    `-- sample
        `-- core_test.clj
ちなみに src/sample/core.clj は次の内容です。
(ns sample.core
  (:gen-class))

(defn -main
  "I don't do a whole lot ... yet."
  [& args]
  (println "Hello, World!"))

プロジェクトの実行、ビルド、テスト

プロジェクトのビルド関連のコマンドをいくつかあげてみます。
コマンド 機能
run スクリプトとして実行
compile class ファイルの作成
jar jar ファイルの作成
uberjar 単体で動く jar ファイルを作成
clean ビルドしたファイルをクリア
test test コードの実行

jar コマンドで作成した場合は、 他の依存している jar ファイルなどを指定して実行しないとエラーとなります。 それに対して uberjar では必要なものを全部まとめた jar ファイルを作成してくれます。
~/clojure/sample $ lein run 
Hello, World!
~/clojure/sample $ lein uberjar 
Compiling sample.core
Created d:\home\clojure\sample\target\uberjar\sample-0.1.0-SNAPSHOT.jar
Created d:\home\clojure\sample\target\sample-0.1.0-SNAPSHOT-standalone.jar
~/clojure/sample $ java -jar target/sample-0.1.0-SNAPSHOT-standalone.jar 
Hello, World!

パッケージの検索

Clojure には contrib (ClojureDocs)という標準ライブラリーを始め、多くのライブラリーがあります。
ライブラリーを使いたい場合は、 Clojars などのリポジトリーからパッケージを取得してインストールします。

パッケージは Clojars のサイトや lein の search コマンドで検索することができます。

どんなパッケージがあるかなどはネットで探すことの方が多いので、 Ruby の gem のように他のパッケージ管理ツールでは検索機能がついていてもあまり使うことはありません。
しかし、 Leiningen では他のツールのようにバージョンを省略して最新バージョンということができないので、 必ずバージョンも指定します。 このため、パッケージ名がわかっていても、 lein を使って最新バージョンの番号を調べることがあります。
 ~ $ lein search markdown-clj
Searching over Artifact ID...
 == Showing page 1 / 1
[markdown-clj "0.6"] Markdown parser
[markdown-clj "0.5"] Markdown parser
                :
[markdown-clj "0.9.32"] Markdown parser
[markdown-clj "0.9.33"] Markdown parser
[clj-markdown "0.1.0"] A Clojure wrapper around the MarkdownJ library.
因みに search では初回起動時にライブラリーのインデックスを取得します。 a few minitus と出てますが、かなり時間はかかります。また、容量も結構使います。


ネットでパッケージを探す場合には、 ライブラリーのまとめサイトとして以下のサイトが有名どころだと思います。 日本語でライブラリーの紹介されているサイトもいくつかあります。

パッケージのインストール

パッケージを追加する場合には、 まずプロジェクトファイル project.clj:dependencies に使用したいパッケージ名とバージョンを追加します。
(defproject sample "0.1.0-SNAPSHOT"
  :description "FIXME: write description"
  :url "http://example.com/FIXME"
  :license {:name "Eclipse Public License"
            :url "http://www.eclipse.org/legal/epl-v10.html"}
  :dependencies [[org.clojure/clojure "1.5.1"] [markdown-clj "0.9.33"]]
  :main sample.core
  :profiles {:uberjar {:aot :all}})
その後、run, uberjar などプロジェクトに対する lein のなんらかのコマンドを実行すると、 コマンド実行前にパッケージがインストールされます。
~/clojure/sample $ lein uberjar
Retrieving markdown-clj/markdown-clj/0.9.33/markdown-clj-0.9.33.pom from clojars
Retrieving markdown-clj/markdown-clj/0.9.33/markdown-clj-0.9.33.jar from clojars
Created d:\home\clojure\sample\target\sample-0.1.0-SNAPSHOT.jar
Created d:\home\clojure\sample\target\sample-0.1.0-SNAPSHOT-standalone.jar
なお、インストールされたパッケージは "(ユーザーフォルダー)/.m2/repository" 以下に置かれます。

プロファイル(プラグイン)

Leiningen の機能を拡張したり、よく使うライブラリーの記述を省略したい場合にプロファイルを使います。
これは Leiningen 2.x 以降から lein の plugin コマンドに代わって使われるようになった機能で、 plugin コマンドを実行するとプロファイルを使うようにというメッセージが出ます。


使用する場合には Leiningen のホームフォルダー(LEIN_HOME)に以下のようなファイルを作成します。

profiles.clj :
{:user
 {
  :plugins [[lein-pprint "1.1.1"] [lein-typed "0.3.0"]]
  :dependencies [[slamhound "1.3.3"] [hiccup "1.0.4"]]
  }
 }
:user 内で以下のものを指定しています。
キー 説明
:plugins lein の拡張用プラグイン。
"lein pprint" コマンドで project.clj をわかりやすく表示(Pretty Print)できるようになるなど。
:dependencies よく使うライブラリー。
project.clj にマージされる。

この :user では自分用全般に追加されます。
この他にも :test で test コマンド実行時だけ、 :dev で REPL など開発用機能実行時だけのライブラリーを指定できたりします。

詳しくは以下のサイトなどを参考にして下さい。
 
このページをシェア
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
プログラミング
4位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー(アーカイブ)
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2013年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


はてな新着記事
はてな人気記事
ブロとも申請フォーム
プロフィール

yohshiy

Author:yohshiy
職業プログラマー。
仕事は主に C++ ですが、軽い言語マニアなので、色々使っています。

はてブ:yohshiy のブックマーク
Twitter:@yohshiy

サイト紹介
プログラミング好きのブログです。プログラミング関連の話題や公開ソフトの開発記などを雑多に書いてます。ただ、たまに英語やネット系の話になることも。