スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

Redmine 1.4 の Windows でのインストール

Redmine 1.4.0 から少し Redmine のインストール方法が変わりました。
以前、 Redmine 1.4.0 の開発版でのインストール方法ちょっと書いたのですが、 正式にリリースされたので、インストール方法をまとめなおしてみました。

元にしているのは、 redmine.org のインストールページです。

対象環境

対象環境は以下のものです。
環境 使用
OS Windows
Web サーバー WEBrick
データベース SQLite
基本的にプラグイン開発に使ったり、 ちょっと試したりといったりといった用途で使うための環境です。

本格的に運用する場合は、 Linux, Apache+Mongrel, MySQL などでやった方がいいと思います。

必要プログラムのインストール

Ruby, RubyGems

Ruby は 1.8 版では 1.8.7、 1.9 版では 1.9.2 以上が必要です。

また、パッケージ管理の RubyGems も使います。 1.9 以降では RubyGems も標準になってますが、 いろいろ一緒にインストールしてくれるオールインパッケージのものがいいと思います。 どちらもダウンロードしたインストーラーを実行するだけで、インストールできます。

インストール後、 RubyGems 自身を使って、 RubyGems を最新版にしておきます。
$ gem update --system

SQLite 3

Redmine(Rails)から SQLite 3 利用する場合には sqlite3.dll をインストールする必要があります。 といっても、ファイルをダウンロードして、パスの通ったところに置くだけです。

まず、ダウンロードページが dll のパッケージをダウンロードします。

圧縮ファイル内の sqlite3.dll を ruby.exe のあるフォルダーか環境変数 PATH で指定されているフォルダーに置きます。

Redmine のインストール

本体のダウンロード

RubyFoge から Redmine(redmine-1.4.0.zip) をダウンロードします。 圧縮ファイルをインストールしたいところに展開します。
以降のコマンドは展開先のトップフォルダーで実行します。

必要パッケージのインストール

以前は gem で必要なパッケージを一つ一つインストールする必要がありましたが、 Redmine 1.4.0 からは bundler を使って、 一気に入れられるようになりました。

まず、 bundler 自身をインストールします。
$ gem install bundler

bundler を実行し、必要な gem パッケージをインストールします。
この時、 開発やテスト用のパッケージを除いてインストールするのですが、 rmagick のパッケージも Windows ではインストールが大変なので、 インストールの対象から除いておきます。
$ bundle install --without development test rmagick

ちなみに頑張って rmagick をインストールするとガントチャートを png ファイルにエクスポートできるようになります。

rmagick を外してインストールすると、 bundle 完了後も、次節の rake コマンドを実行する時、 rmagick のインストールエラーが出る場合があります。
その場合は、 一度 OS を再起動してください。

データベースの作成

Rails では通常の運用時に使う production と開発用の development の 2 つの動作モードがあります。
development だとキャッシュしなくなるため、変更がすぐ反映されますが、動作が遅くなります。

データベースも動作モードに合わせて用意する必要があります。

データベースの設定

データベースの設定は config/database.yml のファイルで行います。
config/database.yml.example というサンプルファイルがあるので、これを参考にファイルを作成します。

SQLite を使う場合は記述は結構簡単です。 production, development 版はそれぞれ以下のようになります。
production:
  adapter: sqlite3
  database: db/redmine.db
development:
  adapter: sqlite3
  database: db/redmine.db
database で指定した名前 db/redmine.db でデータベース用のファイルを作成します。
もし、 動作モードを切り替えて、平行して使いたい場合は、 それぞれ別の名前を指定するようにしてください。

データベースの作成

development 場合、以下のコマンドを順番に実行していきます。
$ rake generate_session_store
$ rake db:migrate
$ rake redmine:load_default_data
最後のコマンドでは言語が聞かれるので、 ja を指定します。


動作モードは環境変数 RAILS_ENV で指定します。 上記のコマンドは指定していませんが、指定されていない場合は development になります。
production の場合は以下のようにになります。
$ RAILS_ENV=production rake generate_session_store
$ RAILS_ENV=production rake db:migrate
$ RAILS_ENV=production rake redmine:load_default_data
コンソールなどの都合で上記のような変数の指定ができない場合、 最初に指定してからコマンドを実行します。
> set RAILS_ENV=production
> rake generate_session_store
> rake db:migrate
> rake redmine:load_default_data

以上でインストールは完了です。

Web サーバーの起動とログイン

使用する場合には Web サーバー(WEBrick) を起動します。
このときの起動モードはオプションで指定します。こちらもデフォルトは development です。
$ ruby script/server
$ ruby script/server -e production 
この WEB サーバーのアドレスは http://127.0.0.1:3000/ です。
Windows の場合、 http://localhost:3000/ だとアクセスできないことがあります。

最初は次のユーザでログインして下さい。
  • ログイン: admin
  • パスワード: admin
スポンサーサイト
 

Redmine 2.X の Windows でのインストール

Redmine 2.0 以降では Rails 3 対応となり、 Redmine およびプラグインのインストール方法が少し変更になりました。 Redmine 1.4 のインストール方法 から基本的な流れはあまり変わっていないのですが、コマンド等が少し変更となっているので、 改めてまとめてみました。

対象環境

環境 使用
OS Windows
Web サーバー WEBrick
データベース SQLite

必要プログラムのインストール

Ruby, RubyGems

Ruby は 1.8 版では 1.8.7、 1.9 版では 1.9.2 以上が必要です。

また、パッケージ管理の RubyGems も使います。 いろいろ一緒にインストールしてくれるオールインパッケージのものがいいと思います。 どちらもダウンロードしたインストーラーを実行するだけで、インストールできます。
Ruby のインストールに関して詳しくは以下の記事をご覧下さい。 インストール後、 RubyGems 自身を使って、 RubyGems を最新版にしておきます。
$ gem update --system

SQLite 3

Redmine(Rails)から SQLite 3 利用する場合には sqlite3.dll をインストールする必要があります。
圧縮ファイルをダウンロードして、 ファイル内の sqlite3.dll を ruby.exe のあるフォルダーか環境変数 PATH で指定されているフォルダーに置きます。

Redmine のインストール

本体のダウンロード

RubyFoge から Redmine(redmine-2.0.3.zip) をダウンロードします。 圧縮ファイルをインストールしたいところに展開します。
以降のコマンドは展開先のトップフォルダーで実行します。

必要パッケージのインストール

Redmine では必要な gem パッケージのインストールには bundler を使います。 これは必要なパッケージをまとめてインストールしてくれるツールです。

まず、 bundler 自身をインストールします。
$ gem install bundler
インストール済みの bundle を使う場合、 1 つ目で失敗する時があります。
使用前に bundle をアップデートして下さい。
gem update bundle

次に bundler を実行し、パッケージをインストールします。
この時、 開発やテスト用のパッケージを除いてインストールするのですが、 rmagick のパッケージは Windows ではインストールが大変なので、 こちらもインストールの対象から除いておきます。
$ bundle install --without development test rmagick
--without オプションで rmagick を指定してもインストールしようとする場合があります。 その場合は (インストールフォルダー)/Gemfile の rmatick を指定している部分をコメントアウトします。
# Optional gem for exporting the gantt to a PNG file, not supported with jruby
platforms :mri, :mingw do
  group :rmagick do
    # RMagick 2 supports ruby 1.9
    # RMagick 1 would be fine for ruby 1.8 but Bundler does not support
    # different requirements for the same gem on different platforms
    gem "rmagick", ">= 2.0.0"
  end
end
rmagick を外してインストールすると、 bundle 完了後も、次節の rake コマンドを実行する時、 rmagick のインストールエラーが出る場合があります。
その場合は、 一度 OS を再起動してください。

rmagick はオプションなので、なくてもかまわないのですが、 頑張ってインストールするとガントチャートを png ファイルにエクスポートできるようになります。
rmagick の gem のインストール方法は以下のサイトで紹介されていました。

DevKit のインストール

Redmine Ver. 2.2.3 では bundle 時に json のパッケージのインストールに失敗します。
Installing json (1.7.7)
Gem::InstallError: The 'json' native gem requires installed build tools.

Please update your PATH to include build tools or download the DevKit
from 'http://rubyinstaller.org/downloads' and follow the instructions
at 'http://github.com/oneclick/rubyinstaller/wiki/Development-Kit'
DevKit をインストールしてということなので、これをインストールします。

まず、エラーメッセージに出ている rubyinstaller.org から DevKit-tdm-32-X.X.X-XXXXXXXX-XXXX-sfx.exe をダウンロードします。
redmine_inst_devkit.png
自己解凍形式の圧縮ファイルなので、実行して、適当なところに展開して下さい。

次に展開したフォルダーへ行き、 dk.rb を使ってインストールします。
  ruby dk.rb init
  ruby dk.rb install
json では rmagick と違って、再度 bundle すると問題なくインストール出来ます。

DevKit のインストールに関して詳しくは以下の記事をご覧下さい。

sqlite3 のエラーの回避

ruby 2.0.0 を使用した場合、後述するデータベースの作成でエラーが出ます。
d:/redmine/redmine-2.3.2 $ rake generate_secret_token
rake aborted!
Could not find gem 'sqlite3 (>= 0) x86-mingw32' in the gems available on this machine.
d:/redmine/redmine-2.3.2/config/boot.rb:6:in `<top (required)>'
これは x86-mingw32 版の sqlite3 に問題があるためです。 解決方法に関しては、以下の記事を参考にしてください。

データベースの作成

Rails では通常の運用時に使う production と開発用の development の 2 つの動作モードがあります。
development だとキャッシュしなくなるため、変更がすぐ反映されますが、動作が遅くなります。

データベースも動作モードごとに用意する必要があります。

今回は development で主に説明します。

データベースの設定

データベースの設定は config/database.yml のファイルで行います。
config/database.yml.example というサンプルファイルがあるので、これを参考にファイルを作成します。 (サンプルがないこともあります)

SQLite を使う場合の記述は結構簡単です。
development:
  adapter: sqlite3
  database: db/redmine.db
database で指定した名前 db/redmine.db でデータベース用のファイルが作成されます。

production 用のデータベースの場合は developmentproduction に変更して記述します。

データベースの作成

以下のコマンドを順番に実行していきます。
$ rake generate_secret_token
$ rake db:migrate
$ rake redmine:load_default_data
最後のコマンドでは対象言語が聞かれるので、 ja を指定します。

赤字の部分が 2.0 から変わったコマンドです。 以前は rake generate_session_store というコマンドでした。

production モードのデータベースを作成する場合は環境変数 RAILS_ENV に production を指定してから実行します。
以上でインストールは完了です。

Web サーバーの起動とログイン

使用する場合には Web サーバー(WEBrick) を起動します。
$ ruby script/rails server webrick 
この起動コマンドも以前と少し変更になりました。(旧 : ruby script/server webrick)
production モードで起動する場合は -e production のオプションを付けます。

この WEB サーバーのアドレスは http://127.0.0.1:3000/ です。
Windows の場合、 http://localhost:3000/ だとアクセスできないことがあります。

最初は次のユーザでログインして下さい。
  • ログイン: admin
  • パスワード: admin

プラグインのインストール

Redmine のプラグインのインストールにも変更があります。 手順は以下のようになります。
  1. ディレクトリを以下に置く(圧縮ファイルの展開等で)
     (インストールディレクトリ)/plugins 
  2. プラグイン用のデータベース作成
     $ rake redmine:plugins:migrate 
  3. Web サーバーの再起動
インストール先が vender/plugins から plugins に変更になっています。
DB 作成用のコマンドは従来の rake db:redmine_plugins でも実行できるのですが、 望ましくないので、上記のコマンドを使うようにといった注意書きが出てきます。

追記 : 2013-03-02
Redmine-2.2.3 インストール時に引っかかった点の対処法を追加しました。
追記 : 2013-08-15
Ruby-2.0.0 + Redmine-2.3.2 でインストール時に引っかかった点(sqlite3)の対処法を追加しました。
タイトルも Redmine 2.0 から 2.X に変更しました。
追記 : 2014-03-24
Redmine 2.4 で上手く行かなかった点等を修正しました。
 

日本語入力可能な GNU Emacs のインストール (Windows)

今回は Windows IME を使った日本語入力が可能な GNU Emacs (ver. 24.2) のインストールと設定についての記事です

2015-06-15 追記
Emacs バージョンが上がって少しインストール方法が変わったので、記事を書き直しました。
Emacs 24

Emacs の日本語入力の問題

GNU Emacs のままでも日本語入力ができないわけではありません。 Emacs 独自の日本語入力機能をもっていて、そっちを使えということらしいです。
ただ、 Windows の IME と比べると、かしこさが全然違います。 やっぱり Windows であれば IME を使いたいところです。

Windows IME を使うとすると対応は 2 つです。
  • GNU Emacs にパッチをあてる
  • Meadow
パッチをあてた GNU Emacs も gnupack で公開されています。
しかし、 Windows Vista + Microsot IME では正常に動作しますが、 Windows 7 + Microsoft Office IME 2007 では上手く入力ができません。
emacs_msime.png
Meadow の方はというと、開発が終了したらしく、 古いバージョン(Emacs 21 相当) で止まったままになっています。

Meadow を使い続けていたのですが、 最近ちょっと限界を感じて来て、 GNU Emacs を動かす方法を調べてみました。
そんな大層なものでもないですが、解決方法が見つかったので、 その方法と GNU Emacs のインストール方法について書いてみたいと思います。

他の IME の使用

Windows 7 がダメだったのか Microsoft Office IME がダメだったのかわかりませんが、 IME を他の IME にしたら、 Emacs でも日本語入力できるようになりました。

試したのは無料で使える Goole IME, Baidu IME の 2 つです。
どちらも変換機能は MS-IME と比べてそれほど遜色ありません

インストールは、各リンク先からインストーラーをダウンロードして、 実行すれば OK です。
Google IME
Google が作成した IME です。 Google IME
Baidu IME
Baidu IME は中国発の検索サイト Baidu(百度) が出している IME です 。 emacs_baidu.png
追記
IME の比較記事を書きました。 お勧めは Google IME です。

追記 2013-01-25
Office IME を 2007 から 2010 にアップデートしたら、 Windows 7 でも日本語入力できるようになりました。
Office 2010 をもっていなくても、過去の Office 製品のライセンスがあれば、 Microsoft のサイトから無料でダウンロードすることができます。 IME の比較記事も更新しました。 今度のお勧めは Office IME 2010 です。

gnupack(emacs+cygwin) のインストール

Windows IME 用のパッチをあてた GNU Emacs は以下からダウンロードできます。 Cygwin と emacs がセットになった gnupack の方であれば、 ダウンロードして、実行すれば、解凍されてすぐに使えます。
develop とついているのは開発版なので、 gnupack_basic-XX.XX.exe の方がいいでしょう。

起動する場合は、展開フォルダー内に emacs.exe があるので、こちらを実行します。

gnupack の設定

gnupack では基本的にそのまま使えるのですが、やっておいた方がいいかなと思われる設定です。

スクロール時のフリーズ防止

なぜかマウスのホイールでスクロールすると emacs がよくかたまります。

同じ症状が出る方は、 (インストールフォルダー)/home/.emacs.d/init.el の 300 行付近の @ scroll の ブロックを削除またはコメントアウトしてください。
;; ------------------------------------------------------------------------
;; @ scroll

   ;; バッファの先頭までスクロールアップ
   (defadvice scroll-up (around scroll-up-around)
     (interactive)
     (let* ( (start_num (+ 1 (count-lines (point-min) (point))) ) )
       (goto-char (point-max))
       (let* ( (end_num (+ 1 (count-lines (point-min) (point))) ) )
: :

[漢字] 、 [変換] キーの無効化

IME は [漢字] 、 [変換] キーなどで呼び出しますが、 この時 undefined といったエラーメッセージが発生して邪魔になります。

以下のような記述で何もしない関数(ignore)を割り当てることができます。 これを (インストールフォルダー)/home/.emacs.d/init.el に追加します。
(global-set-key [M-kanji] 'ignore)
(global-set-key [kanji] 'ignore)
日本語入力が Windows の IME に置き換わったと思いきや、 \C-\ で Emacs 自前の IM になりますし、 どうやら、 Emacs のコマンド呼び出しとは別のところで IME の On/Off が行われているようです。

パッケージ管理機能用の設定

Emacs にはパッケージの管理機能がついていて、拡張機能を簡単にインストールできるようになっています。 これはネットから直接パッケージをダウンロードします。 プロキシーを介してネットにアクセスしている場合には上記の記事を参考にプロキシーの設定を行って下さい。

Emacs 単体でのインストール

私の場合はシェルには eshell を使っていますし、 サイズも大きいので、 Cygwin は使っていません。

Emacs 単体でのインストール方法も紹介します。 ちょっと面倒ですが、一回設定すれば、アップグレードした場合も ほとんどそのまま使えます。

ただ、 gnupack の emacs は Cygwin とセットにしているだけでなく、 デフォルトでいろいろな機能を使えるようになっています。 Emacs 単体の場合も gnupack 内の emacs を使うことにします。

最初に gnupack 展開後、 中の app/emacs/emacs フォルダーをインストールしたいところに移動して下さい。

環境変数の設定

環境変数を設定する必要があります。
環境変数 設定値
HOME 好きなフォルダー。
私はマイドキュメントと同じフォルダーにしています。
Path bin フォルダーのパスを追加

grep, diff のインストール

Cygwin は使わないのですが、 grep や diff コマンドは結構使います。
Cygwin をコンパクトにした Gow というのもあるのですが、こちらではなぜか上手く動きません。

これらのコマンドは単体で入れることにします。

各サイトのページからコマンドをダウンロードして Path の通ったフォルダーにおきます。
ダウンロードした zip ファイルには、ドキュメントなどもついています。 実行ファイルだけでもいいのですが、私の場合は d:/usr のフォルダーを作って、 そこに構成ごと入れるようにしています。 ライブラリーも必要になるので、以下の 2 つ dll もパスの通ったフォルダーに置きます。 この 2 つで大丈夫だとは思いますが、足りないとエラーになる場合は 各コマンドの Requirements のリンクから取得して下さい。


なお、 Emacs から grep, diff を利用する方法については以下の記事をご覧ください。
grep
Step by step 正規表現入門 - 英数字とエディターでの検索 | プログラマーズ雑記帳
diff
Emacs のファイル差分表示(ediff, diff)機能の使い方 | プログラマーズ雑記帳

~/.emacs.d/init.el の設定

gnupack と同じ設定になるようにします。

(gnupack)/home/.emacs.d を環境変数で設定した HOME 以下にコピーします。

起動時の el ファイルは ~/.emacs.el から ~/.emacs.d/init.el に変更になったようです。
ただし、 ~/.emacs や ~/.emacs.el がすでにあると そちらが呼ばれて、 ~/.emacs.d/init.el は読み込まれません。 すでにある場合は削除するか別名にしてください。

Cygwin を使わないようにするので、 ~/.emacs.d/init.el の 431 行目付近の @ setup-cygwin, @ shell のブロックをコメントアウトします。
;; ------------------------------------------------------------------------
;; @ setup-cygwin
   (setq cygwin-mount-cygwin-bin-directory
         (concat (getenv "CYGWIN_DIR") "\\bin"))
   (require 'setup-cygwin)
   (file-name-shadow-mode -1)

;; ------------------------------------------------------------------------
;; @ shell
   (require 'shell)
   (setq explicit-shell-file-name "bash.exe")
   (setq shell-command-switch "-c")
: :

migemo の使用

gnupack に入っている migemo はインクリメンタルサーチをする際にローマ字で日本語を検索する機能です。これは便利なので使うことにします。

(gnupack)/cmigemo を適当なフォルダーに移動します。 ここでは d:/usr 以下に移動したとします。

~/.emacs.d/init.el の 431 行目付近の @ migemo/cmigemo ブロック内のコマンドと辞書のパスを移動先のものに変更します。
;; ------------------------------------------------------------------------
;; @ migemo/cmigemo
   (setq migemo-command "D:/usr/cmigemo/cmigemo.exe")
   (setq migemo-options '("-q" "--emacs"))
   (setq migemo-dictionary "D:/usr/cmigemo/dict/utf-8/migemo-dict")
   (setq migemo-user-dictionary nil)
   (setq migemo-regex-dictionary nil)

起動

あとは gnupack の設定の内容も行えば、 設定は完了です。 gnupack の方は削除して構いません。
本当はもっと色々設定しているのですが、 そちらは確認しながら、小出しにしていこうかなと思っています。

起動する場合には bin フォルダー内の runemacs.exe をショートカットを作るなどして実行してください。

追記
小出しにした設定の記事もたまってきたので、そのうち設定関連のまとめの記事を書きたいと思ってますが、 とりあえず、ビープ音を消すのと日本語環境の設定はやっておいた方がいいかなと思います。

 
このページをシェア
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
プログラミング
3位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー(アーカイブ)
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


はてな新着記事
はてな人気記事
ブロとも申請フォーム
プロフィール

yohshiy

Author:yohshiy
職業プログラマー。
仕事は主に C++ ですが、軽い言語マニアなので、色々使っています。

はてブ:yohshiy のブックマーク
Twitter:@yohshiy

サイト紹介
プログラミング好きのブログです。プログラミング関連の話題や公開ソフトの開発記などを雑多に書いてます。ただ、たまに英語やネット系の話になることも。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。