Emacs のコマンド一覧

以前、 Emacs の入門用の記事(『 Emacs の使い方 基本のキー』)を書いたのですが、 ちょっと説明が長かったかなと思ったので、チートシート風に使えるように一覧形式に直した記事を書いてみました。

ヘルプ

キー 機能
C-h t チュートリアル
C-h k キーに割り当てられたコマンドを表示
C-h C-b 今のモードのキーバインドの一覧を表示
C-h f コマンド(関数)の説明を表示
C-h m 現在のモードのヘルプを表示

C-x などの後にキーが続くとき、 C-h を押すと、キー一覧を表示。

基本操作

カーソル移動

                          前の行 ↑ C-p
                               :
                               :
前の文字 ← C-b   ....   現在のカーソル位置   ....   次の文字 → C-f
                               :
                               :
                          次の行 ↓ C-n
キー 機能 キー 機能
C-a 行頭へ移動 C-e 行末へ移動
M-v 上へスクロール C-v 下へスクロール
M-< バッファー先頭へ移動 M-> バッファー末尾へ移動

キー 機能
C-l カーソル位置が中央になるようにスクロール
M-g g 行番号を指定して移動

コマンド呼び出し

キー 機能
M-x COMMAND コマンドの呼び出し
C-x M-M 履歴からコマンド呼び出し

特殊キー

キー 機能
C-g 中断
C-u 繰り返し数の指定やコマンドの動作変更
C-q 次に入力するキーをそのまま入力

ファイル、バッファー操作

ファイル操作

キー 機能
C-x C-f ファイルのオープン。新規作成
C-x C-s ファイルの保存
C-x C-w 名前をつけて保存
C-x C-c Emacs の終了
C-x [Return] f 日本語コード、改行コードの変更

バッファー操作

キー 機能
C-x k バッファーを閉じる
C-x b バッファーの切り替え
C-x C-b バッファー一覧

ウィンドウ操作

キー 機能
C-x o 隣りのウインドウに移る
C-x 2 ウィンドウを横に分割
C-x 1 カレントのウィンドウ以外を消す
C-x 0 カレントのウィンドウを消す
C-M-v 他のウィンドウを下へスクロール

特殊モードでのキー操作

ミニバッファーでのキー

ファイルのオープンなどミニバッファーに入力する場合
キー 機能
[Tab]、([Space]) 補完
[Space] キーは入力で空白を取らない場合のみ。
C-p、↑ 前の履歴
C-n、↓ 次の履歴

表示用バッファーでのキー

ヘルプのような表示用のバッファーの場合
キー 機能
q 終了(バッファーを閉じる)
[Space] 下にスクロール
[Back space] 上にスクロール

リスト表示バッファーでのキー

Dired モード、バッファー一覧など
キー 機能
q 終了(バッファー、ウィンドウを閉じる)
[Space] 下にスクロール
[Back space] 上にスクロール
p 上に移動
n 下に移動
[Return] カレントのリスト項目に対してアクション(開くなど)

マークを使ったリスト処理
キー 機能
m マークをつける
d 削除マークをつける
u マークの解除
x マークの実行

編集系機能

領域選択

キー 機能
C + [Space] 領域選択開始
C-x h 全選択

切り取り、コピー、貼り付け

キー 機能
C-w 切り取り
M-w コピー
C-y 貼り付け
M-y C-y の後に実行し、kill-ring の履歴をたどって貼り付け。
C-k カーソルから行末までを切り取り

マウス操作

操作 機能
左クリック クリック位置にカーソル位置を移動
左ドラック 範囲選択
中クリック クリック位置に貼り付け
右クリック カーソル位置からクリック位置までを選択状態にして、コピー
ダブルクリックで切り取り
Windows の場合には選択のみでコピー(切り取り)までは行われない。

元に戻す、やり直し(Undo, Redo)

元に戻す
  • C-/
  • C-x u
  • C-_
やり直し(Undo の逆)は C-g を押して、戻す向きを逆にする。

検索

インクリメンタルサーチ
キー 機能
C-r 上方向にインクリメンタルサーチ
C-s 下方向にインクリメンタルサーチ
C-u C-r 正規表現で上方向にインクリメンタルサーチ
C-u C-s 正規表現で下方向にインクリメンタルサーチ

インクリメンタルサーチ中のキー
キー 機能
C-w カーソル位置の単語を検索文字に設定
(さらに押すと対象が伸びる)
C-s ( C-r ) 次の検索結果に移動
開始直後の場合は、前回使った文字列で検索


その他の検索機能
キー 機能
M-x occur バッファー内の検索結果一覧表示
M-x grep grep 検索

置換

逐次置換
キー 機能
M-% 逐次置換
C-M-% 正規表現で逐次置換

置換時の操作
キー 機能
y[Space] 置換実行(1 つ)
n スキップ
! 残りすべての置換を実行
^ 前のマッチ位置に戻る
q[Enter] 中止
. 今の問い合わせを置換してから中止
? ヘルプ

文字種変換

キー 機能
M-u 大文字化
M-c キャピタライズ(先頭大文字)
M-l 小文字化
カーソル位置から単語の終わりまでを変換。 C-u をつけると向きが逆転。

補完

キー 機能
M-/ dabbrev 補完
M-[Tab] モードごとに合わせた補完

プログラミング用機能

コード編集

キー 機能
[Tab] インデント
C-j 改行して、インデント
C-M-\ 範囲内をインデント
M-; コメント(単体でも、範囲内でも可)
普通にタブを入力したい場合は C-q [Tab]M-i

関数定義へのジャンプ

コンパイル、デバッグ

キー 機能
M-x compile コンパイル
M-x gdb gdb でデバッグ(dbx, rubydb なども)
C-x [Space] デバッグのブレークポイントをつける

その他機能

キーボードマクロ
キー 機能
C-x ( マクロの記録開始
C-x ) マクロの記録終了
C-x e マクロの実行





FC2 Management
 

Excel でスクロール時に行や列を固定する

Excel で表が長くなってくると見出しとなる行や列をスクロールしても表示しておきたくなります。 今回は見出し行(列)の固定の方法についてです。

固定したい行または列があった場合には、 まず固定したい行(列)の次のセルを選択します。

excel_fixheader_base.png


リボンの [表示] タグの [ウィンドウ枠の固定] から固定したいものを選択します。
  1. 行、列の両方
excel_fixheader_ribbon.png


選択すると行、列がスクロールしても固定されるようになります。

excel_fixheader_result.png




 

Excel のセルを文字列として結合する

今回は Excel でセルの内容を文字列として連結する方法についてです。


セルを文字列として結合する場合には + ではなく &(アンパサンド)を使います。

excel_strjoin.png
=  B3 & ". 『" & C3 & "』(著者: " & D3 & ")"
また、次のようなルールもあります。
  • 計算式(=)中では、文字列は ""(ダブルクオート)で囲む
  • 数値のセルも & で足すと文字列に変換


 
このページをシェア
アクセスカウンター
カレンダー(アーカイブ)
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2014年07月 | 08月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


はてな新着記事
はてな人気記事
ブロとも申請フォーム
プロフィール

yohshiy

Author:yohshiy
職業プログラマー。
仕事は主に C++ ですが、軽い言語マニアなので、色々使っています。

はてブ:yohshiy のブックマーク
Twitter:@yohshiy

サイト紹介
プログラミング好きのブログです。プログラミング関連の話題や公開ソフトの開発記などを雑多に書いてます。ただ、たまに英語やネット系の話になることも。